蓮華寺池のとなり3

chakepapa2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 23日

蓮華寺池公園のカワウ

カワウの水飛沫

a0264542_23221971.jpg

(EOS-1DMkⅡ+EF35-350mmf3.5-5.6)

まるでオリンピックのバタフライの選手のようですね。


フレ-フレー!


応援中です。



a0264542_23223453.jpg

(EOS-1DMkⅡ+EF35-350mmf3.5-5.6)


カワウ選手ゴール目指してガンバッテイマス。

a0264542_23224115.jpg

(EOS-1DMkⅡ+EF35-350mmf3.5-5.6)



a0264542_902854.jpg

(EOS-1DMkⅡ+EF35-350mmf3.5-5.6)

嫌われ者のカワウですが・・・

良くよく見ると、ゴージャスで

フォトジェニックです。

きれいな、翡翠だけが鳥でない!

どちらも同じ、肉食系!

小さな翡翠を撮影する技術と、

道具のない私としましては

おおきな、視力の弱い私でも撮れる

鴨やカワウでトレーニング中です。

64歳からの鳥撮りには

カワセミでないカワウが私向きです。






市川ラボのSILKY PIX Pro6 β版だいぶ慣れてきましたが

一覧の出し方が分からず、一つ一つつ拾って

現像しています。

画質も最高画質がありましたので

jpg最高画質で現像いたしました。

まだ使用2回目ですが

SILKY PIX Pro5 より、

SILKYな感じのようです。

ツアイスのY/Cレンズの長玉で

いつも、悩まされるフリンジ

後ボケの時のパープル

前ボケの時のグリーン

が以前より改善されているようですので楽しみですが。

画質との兼ね合いで行くとやはり

フリンジ除去はまだ完全ではありませんでした。

かなり強力なフリンジ除去力があれば

色乗りの良いツアイスのY/Cレンズの長玉が

生き返ります。

以前から市川ラボさんで強力除去を

開発してくれると、うれしいです。



今回のEF35-350mmf3.5-5.6はLレンズ

UDが2枚入っているのでないかと言われています。

そのせいか描写が柔らかく、フリンジも出にくいです。

デジタル用ではないので、解像感が低く

シャリシャリしていませんので困った時の1本です。

これ1本でなんでも撮れる

パパラッチレンズだそうです。

EOS-1DMkⅡも古くて八〇〇万画素ですが

APS-HでAPS-Cより映像素子が少し大きいです。

そして、ビロードのような物を撮る時の質感がよいです。

パソコンの負担がフルサズより軽そうです。


SILKY PIXの良いところは

Digital臭くなくて、シャリシャリしていなくて

私的には、気に入っています。
[PR]

by chakepapa2 | 2013-11-23 00:01 | 藤枝蓮華寺池公園


<< 豆柿が色ズついたよ。      蓮華寺池にペンギンがいる? >>